| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリアのホメオパシー博物館に由井学長の書籍が所蔵されました!

今年のCHhom海外スクーリングは、イギリスとイタリアに決定されました♪

イタリアの訪問地、ローマには、イタリア初のホメオパシー博物館があります。
CHhomのスクーリングプログラムにも、この博物館の訪問が予定されています。

【博物館のウェブサイト】
http://www.fondazionenegro.it/en/
hakubutukan.jpg

この博物館はネグロ財団によって、1991年ローマにて設立され、ホメオパシーの普及、研究促進、出版、書籍や文献などを通した活動を行っています。

この博物館には、メラニーが描いたハーネマンの肖像画が所蔵されています。

ハーネマン (ここに本物があったとは!!)

他に、ハーネマンの直筆の手紙、ハーネマンの署名入りオルガノン第一版、8,500冊以上の書籍、昔のレメディーキット、へリングのオリジナルキットなども所蔵されています。

今回、博物館の見学を快く受け入れてくれた Dr. ネグロ館長より 「日本語のホメオパシーについて書籍、書類、御団体の重要な歴史などをこの博物館に保管させて頂けませんか」とご連絡頂き、由井学長の書籍を幾つか贈呈致しました。

早速、博物館に所蔵頂き、その写真を送って下さいました💛

2018-04-08-PHOTO-00000007.jpg

2018-04-08-PHOTO-00000005.jpg

とても古そうなレメディーキットが横に置かれてます。凄い。

Dr. ネグロからのメッセージ

「この本棚上段にあるのはハーネマンの原本です。オルガノン全版を揃えています!!
今年7月、博物館にとって、御団体を受け入れるのは非常に光栄な事です。
どうぞ、由井寅子ホメオパシー博士へ私からのお礼をお伝え下さい。」

CHhom海外スクーリングとして初めて訪問するイタリア。
今回も、素敵な出会いあり、ドラマありのスクーリングになりそうですね。
皆様、是非ご参加下さい♪



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 16:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーマニアでのZENホメオパシー旋風冷めやらぬ!

今年1月に第18回JPHMAコングレス海外来賓として来日したルーマニアのマリナさんが、ご自分の所属されるルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会(ARGH)のウェブサイトに日本について記事を投稿されていたのを発見♪

1_20180309011442bda.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

WEBリンク先:
http://www.gemoterapie.ro/evenimente/33-alte-evenimente/638-gemoderivatul-de-camfor-si-experienta-japoneza.html

楠の木のジェモエッセンスと日本での経験
By マリナ・シウマス・リンブ

日本のジェモ(新芽や蕾に内在する潜在的な治癒の力やその価値が宝石に喩えられた言葉)について知る冒険を続ける為、私は、楠の木を選びました、何故なら、これは、日本人にとって神聖な木であり、私が日本を訪問した時に出遭った最古の賢い木だからです。

シュタイナーによる動物界の思想と一致して、そのような "神"の木に宿る精力的な実体を称えるために、熱海、来宮神社にある2000年以上の樹齢を持つ御神木「大楠」のように、日本人は、神道の聖域で、木を崇拝しています。その「大楠」は、‘宮殿の木’と呼ばれて、その幹を一周すると、寛大なエネルギーを受けて、寿命を延ばすことができます。長い伝統を持ち、富士山の保護者で、霊性高い山と水との幸せな出遭いを引き起こしています。
熱海は伊豆半島への玄関で、2000年以上の樹齢に捧げられた聖域に存在します。

楠の木について、日本ホメオパシー医学協会、由井寅子名誉会長は、私に、霊的な見解を教えてくれました。
この木は、人間が失ってしまった霊性を取り戻し、身体を回復させ、蘇えさせる力を与えます。空間を浄化し、障りを解消します。老化防止の特性を持ち、細胞分裂をサポートし、身体的外見にも強い影響を与えます。

私達は皆、霊的進化の物語が、どの様にその刻印を打つか知っています。伝統的には、楠の木が繁栄と豊かさを与えている事も発見しています。この木が私達に教えてくれる事は、人間のエゴの消滅。

そして、繁栄と豊かさを願って、人々は来宮神社を訪れます。物質的な願いは、低い振動を持ち、重く、エネルギー空間を埋めつくします。何故なら、私達、未熟な子供は、未だ、自分達の願いに責任を持つことを学んいるところで、人生の節目に沿って、25年毎に聖域が変わります。
私達は、豊受大御神が祀られる偉大な聖域、伊勢神宮も訪問しました。
自然である風、雨、嵐が、人間によって汚染された場を浄化し、人間の欲望に対し、同じ寛大さをもって、25年後に再び神格を受け取り、告げる事ができます。
木々は、地球と空の間のアンテナで、恐らく、ジャックと豆の木は、別の次元にいるでしょう。

楠の木の森にいると、精神はより明確になり、ポジティブに鼓舞されます。そして、京都の鞍馬で見た様に、何故日本人が、大いなる存在と融合する為に、野生の中心である山頂に、慎重に注意深く施された聖域を持つのかを私は悟りました。

楠の木と日本の経験を通じ、ホメオパシーを含み、日本人が行う全てを理解する為、その聖域を訪問し、湧き水で手を清めてから神社に入り、自然の偉大さに対して、魂レベルで忠実に愛を込めてお辞儀をして祈る神道の儀式を学び、それらが、ホメオパシーレメディー製造を含め、全てに適用されている霊性の次元を理解する事ができました。

由井名誉会長の招待で、私達は、熱海の山中にあるホメオパシージャパンと工場を訪問しましたが、楠の木、杉、竹に囲まれ、従業員達は、仕事を始める前に、その聖域で祈っている事を知りました。

驚く事ではないかもしれませんが、ホメオパシーの聖域に見出されている鉱物、動物、植物のバイブレーション(振動)療法の概念は、何千年もの歴史を持つ日本最古の神道文化に既に素晴らしく統合されていた事を発見しました。

大変寛大な事に、由井名誉会長は、アクティブ・プラントと呼ばれる溶液にホメオパシーレメディーを加えて土壌の質を高めている日本豊受自然農の農場も見せてくれました。
そこで、私は、如何にホメオパシーが、自然と人間を完全に活気づけるかを悟りました。そして、私は、その農場の産物が、東京のホメオパシーの学校(カレッジ・オブ・ホリスティックホメオパシー:CHhom)と同じ建物内にあるレストラン(豊受オーガニクスレストラン)に届き、学生達が、そこで食事を摂っている事を知りました。豊受オーガニクスレストラン隣接のショップには、世界中のホメオパシーを愛する人々の写真があり、去年10月、ヤシ(ルーマニア)で開催されたカンファレンスのグループ写真も飾られていました。

私は、ネパールのカトマンドゥの山脈にいた時と同じ感情を持ちました。そこにもルーマニア人を愛してくれる人々がおり、私達ルーマニア人もネパール人を同じように愛しています。

クスノキ科に属する神聖な楠の木の話に戻りますが、日本は、世界で二番目に大きい天然楠の産地で、三つの種類があります;白、茶色、そして黄色。療法では、白の葉だけが使用され、10-15%の2-ボルネン、シネオール、ピネン、テルピネオール、ネントール、チモールを含む1%エッセンシャル(精油)があります。全ての部分は、空気と接触すると結晶化する揮発性油を合成する分泌細胞を含みます。

伝統的に、楠の木は、外傷、挫傷、炎症、痛風、リウマチ、妊娠女性の子宮痙攣および内部子宮摘出、てんかん、心臓病および喘息吸入、気管支炎、気腫、虚脱、失神へのレメディーとして外用されています。薬用植物の王と呼ばれ、両性における性欲増進、媚薬として効果があり、仏教徒にとっては、涅槃へスムーズに進ませるものとして知られています。インドのアーユルヴェーダ医学では、楠の木は、プラナを成長させ、感覚を開き、心を明瞭にし、アストラル体の門を開きます。

ジェモエッセンスとしては、血液循環促進、抗炎症薬、麻酔薬、抗菌薬、肉体疲労、リウマチ、神経痛、肩こり、背中の痛みに対して使用されています。

日本での経験は、格段に素晴らしいものでした。私の国(ルーマニア)で花粉療法について紹介したのがきっかけとなり、私は、温かく、敬意をもって日本に受け入れられ、日本ホメオパシー医学協会の名誉会員を授与致しました。コングレスでは、毎朝、日本人の参加者によってルーマニアの国歌が斉唱されました。コングレス翌日には、東京のCHhomにて、マヤズムにおけるジェモセラピーの講義をしました。その講義は、他の都市にも中継で結ばれて開催されました。私が英語で、ジェモセラピー、植物療法、生花粉療法について話し、通訳によって日本語に訳されました。この学校で教えられいてるZENホメオパシーは、神道の文化とホメオパシーの素晴らしいシナジー(相乗効果)です。

日本訪問は、大変光栄なものでした。
私は、豊受大御神に導かれた日本豊受自然農から見える楠の木と富士山の下、その名誉を授かります。

♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

そして、ルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会(ARGH)のトップページには、同じく第18回JPHMAコングレスで、由井名誉会長が授与された、ARGHからの名誉会員証が掲載されていました!

7.jpg

WEBリンク先:
http://www.gemoterapie.ro/home/33-articole-evenimente/alte-evenimente/640-cuvantul-adresat-la-numirea-ca-membru-de-onoare-argh-a-d-nei-dr-torako-yui.html

【証書に添えられたメッセージ和訳】

日本ホメオパシー医学協会会長(JPHMA)
由井寅子 ホメオパシー博士 様

2017年10月24日ルーマニア(ヤシ)でのホメオパシーカンファレンスで、貴女をお迎えするという名誉を授かった事に感謝しています。
ホメオパシー療法の分野で他のアプローチについて学ぶ事、長年かけて由井博士が日本で発展させ、実践で効果を証明されたもの(ZENホメオパシー)は、経験の交流という点で、私達にとって極めて有益で関心深いものでした。
貴女の発表と解説は、私達を大いに感銘させました。私達の心の琴線に深く触れ、私達と貴女のチームのメンバー間に目に見えないけれども強い絆を作り出しました。全てのJPHMA会員の皆様にも、私達は同じように絆を感じています。
貴女にルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会の活動を知って頂くのは、私達にとっては挑戦でしたが、カンファレンスの最後に頂けた感謝の言葉は、私達に大変な満足をもたらせました。
それゆえ、私達協会は、貴女に以下の称号を授与する事を望みます。

ルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会 名誉会員

貴女にこの称号を受諾頂けるならば、それは私達にとって大変光栄で、私達協会に大きな価値をもたらせます。

私達はまた、2018年1月に東京で開催されます日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の第18回コングレスをお祝い致します。このコングレスは、貴団体における日本のホメオパシー導入と発展への不断の取り組み20周年を記念します。
私達は、貴団体の全ての活動、教義と実践、Dr. サミュエル・ハーネマンの知識を日出る国で知らしめた全てのご尽力へ敬意を表するとともに、このコングレス全参加者の皆様と心は同じです。私達も、ルーマニアの地でDr. ハーネマンの刻印、また、ポル・ヘンリーによる、ジェモセラピーと若い植物組織に見出される治癒力の教義を心から守っています。

私達の仲間、Dr.マリナ・シウマスを、このコングレスに招待頂き、「ジェモセラピーとマヤズムの関連」というテーマで発表させて頂く機会に対し、感謝の意を表します。これが、ホメオパシーとジェモセラピーの二つの分野において、相互協会間の美しい協力の始まりとなる事を願っています。人間の苦しみに愛情と責任を持ったアプローチをするという同じ目的の為に喜んで出会った二つの異なる国からの療法家達が、お互いの経験を共有し続けますように。

心からの敬意と感謝をこめて

Dr. シモナ・ニツ
ARGH会長

♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

ルーマニアと日本のホメオパシーとジェモセラピーの交流が更に深まりますように!
スタッフ一同お祈りしております。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 16:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とらこ先生イタリアの国際学会にて基調講演!

Banner.jpg

由井学長が今年7月ローマで開催される国際学会「第8回 伝統医学と鍼灸における国際カンファレンス」にて「難病を治癒に導くZENホメオパシー」をタイトルに基調講演します!

Keynote Banner

ウェブリンク:http://traditionalmedicine.alliedacademies.com/

カンファレンスのテーマは「伝統代替医学革新の探究 - 伝統2018」
ホメオパシー界の革新者である由井名誉会長が、ホメオパシー分野で発表します。

この国際学会の特色は、ホメオパシーを含む17の伝統医学分野からの講演を聴く事ができ、ホリスティック医学についての知識をより深める事ができる点ではないかと思います。

1: 伝統医学
2: 統合補完医学
3: 鍼灸
4: ホリスティック医学
5: 看護と調剤実践
6: 内科と総合内科
7: 人智学医学と代替医学
8: 運動と理学療法
9: 先住民医学もしくは民族医学
10: アロマセラピー
11: アーユルヴェーダ-8つの構成物の科学
12: 伝統補完医学の歴史と進化
13: ホメオパシー医学
14: アラブ医学とヒジャマカッピング療法
15: ユナニ医学
16: ナチュロパシー医学
17: 植物化学と医学化学

参加対象者:
医師、アーユルヴェーダ治療者、ホメオパシー治療者、鍼灸師、ハーブ医学、鍼灸師、伝統医学療法家、ナチュロパス、自然療法治療家、事業・治療マネージャー、協会、共同体、大学

と書かれています。

この国際学会での学長発表をお祝いし、CHhom海外スクーリングも同時開催される事になりました!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

カンファレンス参加以外にも、イタリア初のホメオパシー博物館やホメオパシー薬局を訪問したり、イタリアの薬草専門店(エルボリステリア – Erboristeria)でショッピングしたり、ローマ名所観光も予定されています。

今年の夏は、ローマに集合!です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております♪

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 17:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春にむけて ティッシュソルト♪

まだ寒い日が続いていますが、日照時間も延びてきて、春の気配も感じる今日この頃ですね♪

春は、肝の臓が動き出し、溜まっていた体内毒を出そうと、花粉症になったりして、排出が進みますね。
症状はありがたい!
体のお掃除ができて良いのですが、ミネラルも一緒に排出されてしまうので、体が疲れた感じになる時も。。。そんな時の強い味方がホメオパシーのティッシュソルト(生命組織塩)のレメディー達です!

12種類のティッシュソルトは私たちの臓器や組織、体液、皮膚、結合組織、骨、神経組織など、体のあらゆる部分に存在し、人間の体に重要な機能を果たしている無機塩です。私達は動くにしても、考えるにしても、消化するにしても、排出するにも、ティッシュソルトを必要としているんですね。そのため私達は、毎日食物からミネラルを摂取しなければなりませんが、近代の著しい食物の劣化や食生活の変化により、毎日の食事から必要なミネラル、ティッシュソルトを摂取するのが難しくなってきています。また現代人の生活は、ストレスや環境毒などの影響によりミネラルのバランスが崩れがちです。そのことが一層のストレスを生み、余計にミネラルを浪費してしまうという悪循環に陥っています。

由井とらこ先生は、ティッシュソルトとミネラルについて解りやすく書かれたガイドブック「バイタル・エレメント」の中で、このように書かれています:

これらの塩や微量元素のバランスが崩れる大きな原因として、第一に心の苦しみ、否定的な感情、怒り、妬み、緊張、不安感などがあります。今の世の中は忙しく、ゆっくりお互い話し合う暇もなく、もつれた糸を解きほぐす時間もありません。そして人間関係はさらに複雑化していき、緊張感や怒りが解決されないまま、それを持ち続けると、生体の組織塩や必須微量元素を使い果たしてしまいます。 ~中略~ 今の人は、生きるために必要なエネルギーの5倍以上も瞬時、瞬時に使い果たしています。ゆったりと穏やかに生きられるように心の修行も必要です。

ティッシュソルトを摂ることによって身体のミネラルバランスが整い、自然自己治癒力も活性化していきます。そうすることによって症状をスムーズに押し出すことができ、ホメオパシーのレメディーとの相乗効果で治癒が促進されます。

ここで、12種類のティッシュソルトについて、おさらいです!

NO.1 Calc-Flour カルクフロアー (フッ化カルシウム)
安定剤。組織、血管の弾力不足、皮膚の弾力不足や角質化、靱帯、筋肉、関節、腱の緊張と過伸展による疾患、臓器の下垂、ガングリオン、リンパ腺の腫れ、虫歯、静脈瘤、爪の問題、自信の無さ、たるんだところは全て再び弾力を取り戻す。

No.2 Calc-Phos カルクフォス (リン酸カルシウム)
骨折、成長期の問題、骨形成の遅れ、歯や骨の問題、症状が治癒しにくい、頭の使い過ぎ、不安、不満、意欲不足、衰弱、アレルギー、じんましん、慢性肺炎、ポリープができやすい、骨粗鬆症予防に。

No.3 Ferrum-phos ファーランフォス (リン化鉄) 
炎症の第一段階のレメディー。免疫系の障害、抵抗力が弱い、集中力不足、けが、出血、筋肉痛、手術後の病訴、皮膚の痒み、血液の酸化、疲労困憊で顔が青白い、鉄分不足による貧血、血行障害、軽度の火傷。

NO.4 Kali-Mur ケーライミュア (塩化カリウム)
炎症の第二段階のレメディー。腺と粘膜のため。リンパの腫れ。腺の腫れ扁桃腺・耳下腺)。乳白色の分泌物。関節炎。腱鞘炎。腎機能障害。甲状腺機能障害。予防接種の害。

No.5 Kali-Phos ケーライフォス (リン酸カリウム)
精神的、身体的疲労。非常に神経質で心配性。感受性が強く疑い深い。ホームシック。ガングリオン。不眠症。神経症の消化不良。記憶力減退。便秘(*No.10 ナットソーファーと一緒に)。坐骨神経痛やぎっくり腰(*No.7 マグフォスと一緒に)

No.6 Kali-Sulph ケーライソーファー (硫酸カリウム) 
炎症の第三段階のレメディー。解毒。消化障害。肝機能障害。ネバネバした黄色の分泌物。慢性の副鼻腔炎。フケや頭皮の炎症毛髪の成長障害。皮膚病。爪の問題。体重増加。月経前症候群やホルモン障害。

No. 7 Mag-phos マグ・フォス (リン酸マグネシウム) 
近年、コンピューターを使った仕事は増大し、またチョコレートの消費も高まっています。これには深い関係があり、リン酸マグネシウムが不足すると、マグネシウムが豊富なチョコレートに対する欲求が出てくるんですね。しかしチョコレートに入っている砂糖を代謝するためにもマグネシウムは多く消費されてしまいますから、食べれば食べるほどさらに欲しくなる、という事になります。リン酸マグネシウムの代謝障害は人をひどく疲れさせ、力なくさせます。物事をやり遂げる力が足りない、常に緊張し衰弱してのにリラックスできない、または、それほどでもないがコンピューターを長時間使用しており、チョコレート中毒である、という方は、一日の終わりにマグネシウムを取ってみたらいかがでしょうか?

抗けいれん。ホメオパシー版鎮痛剤。
筋肉の痙攣(こむら返りなど)。頭痛。月経痛。頭や身体の過労感。鼓腸。神経の興奮状態と不安状態。多すぎる電磁波ノイズによる集中障害や睡眠障害。

No.8 Nat-mur ネイチュミュア (塩化ナトリウム)
ネイチュミュアはホメオパシーの法則に従って希釈・浸透された食塩ですが、食塩とは完全に異なる作用を持っています。食塩のバランス障害は「食塩不足」とは少々違います。食塩が不足している人はほとんどおらず、大抵の人はその反対で、あまりにも多量の塩分を含んだものを取り過ぎており、これが高血圧の原因のひとつになっています。また、体が安定した水分バランスを保っていることが、あらゆる栄養素を運搬するための前提条件です。そのため、体の水分バランスが乱れていると、栄養を吸収する事ができず、食べていても栄養失調や貧血になってしまうなどの症状になりかねません。ティッシュソルトは細胞のミネラル成分のバランスを調整することができます。食生活や生活習慣を見直すと共にティッシュソルトでサポートすることで、安定した水分バランスに近づけていけるでしょう。

水っぽい白っぽい分泌物。水分のバランスの乱れ。むくみ。乾燥肌。ヘルペス。水疱のある皮膚疾患。頭痛。鬱。涙もろいか悲しいのに泣けない。関節がポキポキ鳴る。

No.9 Nat-phos ナットフォス (リン酸ナトリウム)
ナットフォスは、尿酸など腎臓からの排出を促進する塩です。間違った栄養で過酸化する事を防ぐ働きをします。脂肪分が多すぎる、たんぱく質を多く含んだ食事の後に、ある程度まで代謝活動を正常化してくれます。慢性的な胸やけや胃粘膜がすでに炎症を起こしている時には、ホメオパスに相談しましょう。甘いものや肉、ソーセージなどの加工品をたくさん食べると、リン酸ナトリウムバランスは乱れます。日頃から消化の悪いものを頻繁に食べることは避け、色々考えて不安になったり、くよくよしないように、心の訓練もしてみましょう。なぜ甘いものや揚げ物が欲しくなるのか、なぜ心配なのか、もしかしたらあなたのインナーチャイルドが関係しているかもしれません。

胸やけ。酸っぱいげっぷ。消化障害。胃酸過多。。黄色の分泌物。痛風。リウマチ。胆石。乳腺炎。膀胱炎。甲状腺の問題

No.10 Nat-sulph ナットソーファー (硫酸ナトリウム)
ナットソーファーは解毒を促進し、代謝を活発にします。由井とらこ先生のバイタル・エレメントという本の中では「人の苦悩も自分の苦悩も袋に詰めて、その思い袋を引きずって歩く」とあります。老廃物が溜まった体の重みに耐えながら、人生の重荷に耐えているようです。体から毒を排出すると、その分プレッシャーも減り、頑固さや心の弱さが軽減されるかもしれません。その他、こんな症状に役立ちます。水分バランスの崩れやむくみ。間違った栄養による毒の負荷で老廃物が詰まった腸。膵臓機能障害。肝臓の問題。消化不良、高血圧、糖尿病。頭痛。強い義務感や責任感。頭を打ちやすい。苦悩や悲しみ。

No.11 Silica シリカ(二酸化ケイ素)
シリカは最も有名な生命組織塩(ティッシュソルト)のひとつです。シリカは弾力性を高めますので、皮膚や髪、爪などの成長をサポートし、アンチエイジングのレメディーとしても知られています。骨や歯のカルシウム代謝を安定する作用もあります。傷の化膿、黄色い膿、治りにくい、またできものができやすいなど。身体が冷たい。疲れやすい。酸っぱい汗。動脈硬化。腎臓の解毒に。精神像では敏感で臆病な傾向。シリカには膿だけでなく異物も体から引っ張り出す性質があります。体内に移植組織、ペースメーカーなどがある方は摂り方に注意しなければなりません。ホメオパスに相談しましょう。

No.12 Calc-sulph カルクソーファー(硫酸カルシウム)
カルクソーファーは皮膚に対する炎症抑制効果があります。シリカと似たような作用を持っています。結合組織、リンパの解毒剤、潰瘍、皮膚と粘膜の化膿、慢性リウマチ、乳腺炎、不平不満が多いなど。

************************************************************************

New Era-1

新しい姿で復活した英国で人気のニューエラ。
こちらはお口の中でサラっと溶ける小さな粒です。体への吸収と効果をサポートするため、微量の必須栄養素ビオチンが含まれています。ビオチンは皮膚や髪、神経系機能、粘膜や代謝を健康に正常に維持するためにも役立ちます。(*乳糖が配合されていますので、乳糖不耐症の方はご注意ください。)

ホメオパシーショップUKにて取り扱わせて頂いております♪
http://www.homoeopathy-shop.co.uk/
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 11:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HMAジャーナルに由井学長の論説が掲載されました!

2017年10月29日(日)に開催された英国ホメオパシー医学協会(HMA)カンファレンスにて発表された由井学長の講演内容が、HMAのジャーナル「Homeopathy International」2018年冬号に掲載されました!

HMAジャーナル1_000001

HMAジャーナル1_000002

発表テーマは、「The ZENホメオパシー – 心・体・魂を三位一体で治癒に導く」

1_201801262053368d9.jpg

DSC04795.jpg

由井学長は、ご自身で編み出した魂・心・体を三位一体で治癒に導くZENホメオパシーの意義と概要をイギリスのホメオパス達にもとてもわかりやすく伝えてくださいました。
続いての相談会ケースを上映し、インナーチャイルド癒しの方法と大切さをケースを通して伝えました。辛く寂しい幼少期を生きてきたクライアントの心に寄り添い、共感し、気づきを与える由井学長のケーステイクはイギリスのホメオパス達に確かに伝わったようです。皆、真剣なまなざしで画面を見つめています。会場からはすすり泣く音が聞こえていました。
クライアントの心が少しずつ氷解し変遷して行く様子は素晴らしいものがあります。
技術だけで病気を治し、一時で戻ってしまうような表面的な治癒では決してない、ホメオパシーとインチャ癒しの統合によって真の治癒へと導いていく様子を目の当たりにして、英国ホメオパス達の病気に対するとらえ方が変わったという感想もありました。

<イギリス参加者の感想>

‐ インナーチャイルドへの取り組みとインナーチャイルドの取り組みを続けなければ疾患は再び戻ってきます。私達が死んだ後でさえも心と魂は続き、私達の魂が浄化されるまで、新しいチャプターを再び迎えます、そして、人生で起こる事を受け入れるまで、私達は何度も何度も戻り続けるでしょう。そして、人生で起こる何にでも安らぎと調和を持つまで、物質的にも精神的にも安らぎに達成するまで、私達は何度も何度も取り組まねばなりません。私達は、安心して前進し、乗り越える為に、私達の存在を最終化する正しい曲がり角に到達するまで、人生における異なる角を曲がり続けるでしょう。

‐ 大変洞察力に満ちた発表で、魂と心の関係について興味がそそられました。永遠の要求によって支配されている私達の生命において、信仰心、神、魂を心に留めておくことは、大変重要です。 私は、シャーマニック・ヒーリングを経験しており、このヒーリング体系とZenホメオパシーの間に、まさにシナジー(相乗作用)がある事に感銘を受けました!

‐ 母親と子どもの関係への働きかけは色んなレベルでとても大切だと思いました。この地球に欠かせない仕事です!バランスの取れた、そして本物の、美しい講演でした。

‐ 素晴らしい講演をありがとうございました!ビデオのケースはとても良かったです。ホメオパシーは人を治すのではなく魂を治すのだということが明らかでした。あなたの患者さん達の素晴らしい変容!多くの人達を悟らせる啓蒙活動、その魔法のような仕事を続けてください。

‐ 今日は心温まる感動的な講演を、どうもありがとうございました。患者の体、心、魂を治療するにあたっての重要な要素を学びました。学びに満ち溢れた素晴らしい時間でした。

‐ インナーチャイルドを癒すことでその裏に潜んだ魂の力が溢れ出る様は、とても感動的でした。ありがとうございました!

‐ どのように人間を三位一体で治療するのかという事において、意識を高めることが出来ました。有益な情報満載の講演をありがとうございました。

‐ インナーチャイルド癒しについてとても興味深い講演でした。これは苦しんでいる人々にとって必要な治療です。

‐ 最高でした。とってもホリスティック!!

‐ コンビネーション・ホメオパシーの大変関心深い使い方でした 。インナー・チャイルド癒しのデモンストレーションが大変良かったです。大変感動しました。

‐ 私は、由井寅子ホメオパシー博士の活動が大好きです。私は、彼女の書籍を何冊か持っています。特に「ホメオパシー的災害対策」と「禅ホメオパシーDVD」全てが、今日の発表と同じく大変多くの情報を得ることができました。

‐ とても感動的な取り組みです。ありがとうございました。

‐ とても開眼した治癒でした。私達のインナー・チャイルドから発生する多くの心の痛みのケースがありますね。

‐ 私は、イギリスに住むインド人です。霊性や過去世について理解する事ができ、本日の発表は大変気に入りました。イギリスで、あなたのワークショップについての可能性があれば、素晴らしいです。 発表頂き、ありがとうございました。

‐ ケースへの関心深いダイナミックなアプローチ。クライアントの変遷と状況を見る事ができ、嬉しかったです。とても感謝しています。

‐ 大変素晴らしいイベントでした。とても楽しみました。もっと多くを学びたいです!

‐ とても感動しましたし、有益な情報が沢山の発表でした。

‐ とても興味深い症例を私達に共有頂きました。Toroko Yuiのようなやり方は、私は見た事がありません。彼女のクライアントのセッションは、情熱的であり、西洋やインドのコンサルティングともかなり違った方向性です。情熱的、正直、愛すべき そしてスライドもしっかり翻訳されていた。

‐ 先見の明を与えてくれ、ありがとうございます。これは素敵で目を見張る講義です。Dr. Torako Yuiにお祝い申し上げます。彼女をを近い将来ナイジェリアに招きたいです。私は日本ホメオパシー医学協会のホメオパスになりたいです。ありがとうございます。神のご加護を。

‐ パワーあふれるレクチャーだ。映像は信じられないほど感動的だった。ありがとう。大きな愛をこめて。

‐ とても教えられるところがあり、インナーチャイルド癒しについてもう一度Dr. Torako Yui から基礎となるレクチャーを学んだ。存分にそれを楽しませてもらった。ありがとう。

‐ 私は何年もこの仕事をしてきた中で、知らなかったアプローチを見ることは関心深く、その一つがZENホメオパシーでした。それは、全ての恩恵の為に、アプローチをコーディネイトする価値あるものである事を知る事のできたやり甲斐のある概念です。

‐ 新しいアプローチと洞察を持った大変関心深い発表でした。貴女の発表に感謝します!

‐ 大変関心深く、感情的でした。インナー・チャイルド癒しに大変魅了されました。

‐ 美しい存在による美しい発表でした – 彼女の知識、存在と大きな心にとても感謝しています。

**********************************************************************************

改めまして、このような素晴らしいホメオパシーの交流の場を頂きました事を、心より感謝致します。

RAHUKスタッフ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 12:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT