PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インド政府AYUSH省CCRHがJPHMAを正式招待

CCRH.jpg

ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)
2015年2月27日(金)CCRH科学者達とのインタラクティブセミナー開催に向け、
日本ホメオシー医学協会(JPHMA)を正式招待


予定トピック:
1. インドにおけるホメオパシーのシナリオ(考えられる状況、計画)の概観、そしてインドが何を提供できるか
2. 日本におけるホメオパシーのシナリオ(考えられる状況、計画)の概観、そして日印協力に対する可能分野
3. CCRHによるリサーチの概観

ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)は、インド政府保健家族福祉省AYUSH局の下1978年に設立されました。主要リサーチ団体で、「薬効植物の調査、収集、栽培」「薬物標準化」「薬物プルービング」「臨床的検証」「臨床リサーチ」を含むあらゆるリサーチ活動に対し、多角的アプローチを持っています。CCRHは、学外リサーチの調査と監視の為、他のリサーチ団体とも協力関係にいます。
結果志向のリサーチ目的に叶う為、CCRHは、異なる病状や疾患における多様な臨床研究を追求しています。これら様々な活動の結果、CCRHはホメオパシーリサーチにおける指導者となり、全ての側面において認識されるようになりました。CCRHは、実践的で理性的アプローチを通し、ホメオパシーがより高い地位へもたらされるよう、ホメオパシーの科学的向上を求めて励んでいます。
(CCRHウェブサイトから引用文和訳:http://ccrhindia.org/Introduction.asp)

2013年10月17日 
由井会長の日本でのホメオパシー活動の功績を称え、CCRHから表彰が行われました。
「インド政府より、この様な証書が送られたのは、インドの歴史において初の事だと思います。」とインド側主催者よりお言葉を頂きました。
ホメオパシーが存在しなかった日本にホメオパシーをもたらした由井会長の功績が、どれだけ偉業だったか、インド政府はしっかりと認識し、讃えられての事でした。

dsc06999_512.jpg

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 20:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/172-462d5e2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT