PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女心とラカシスの春

ロンドンも桜が満開です。
そして今日は牡羊座の新月。
今から200年前にホメオパシーを発見したハーネマンさんも誕生日は4月10日で牡羊座です。新しい分野を開拓するパイオニア精神を持つ星座。直観力に優れ、素朴で動物的感性をもち、リスクを恐れず、前向きで新しいことにチャレンジしている時に一番生き甲斐を感じる、とあります。
今日の新月を機会に、自分にとって新しい世界を開拓してみるのはいかがでしょうか。

冬の間は全くと言っていいほど太陽が出ないこのイギリスでは、みんな太陽のありがたさを知っています。雲の隙間からちょっとでも太陽が顔を出し18度ぐらいになってくると、急に半袖にサンダルの人が多く出てきます。まだ風も冷たいし、日陰は寒い。夜になったらもっと寒いし、と心配しちゃってジャケットを脱げない私。とりあえず今は何も心配せず、少しでも太陽の恩恵を!という姿勢は、見習わなければいけないのかもしれません。
「まだ春なんだから。そんな恰好じゃみっともない。ジャケット着て、靴下履きなさい。風邪引くわよ!」って子どもの時にお母さんに言われた私のインナーチャイルド。本当はどうしたかったんだろう?って問いかけたら、裸足で芝生の上を走り回りたかった、、、。 そうだよね、天気の良い日の裸足って、最高に気持ち良いもんね。今度の休み、太陽が出たら、公園に行って裸足になってみよう。大人になった私は困った時の為、上に着るものと靴下は一応バックに忍ばせておこう。

とはいえ最近、「元気?」と聞かれると、「うん!」とすぐに答えが出なかった自分に気づきました。あれ?元気じゃないのかな?うん、まあ、病気はしてないし、これといって悩むような問題は無いし、元気といえばそうなんだけど、調子が良いわけではなく、、、という長―い返事。季節の変わり目だから、と言い聞かせて何もしてあげていませんでした。
ちょっと体に意識を向けてみた。なんとなく左側が重い。胃かな?肩も固い。たまに心臓がキューッとしたり、左足の付け根にも鈍い痛みがありました。左側といえばラカシスですね。ブッシュマスターという蛇の毒を希釈浸透させてできたものです。

ホメオパシー出版から出ている「シプノティック・マテリア・メディカ 四訂版」によると、影響を及ぼす領域は神経、血液、心臓、循環、女性器、左側。 主な症状は、活発、話好き、妄想、勤勉、嫉妬など。接触に敏感で、首の周りに何かまとうことや圧迫のある服で悪化、とあります。

500mlの水に200Cを一粒と、ミネラルセットも一粒ずつ入れて、午後にちびちび飲みました。
寝る頃になると体の内側からじんわり暖かくなってきて、体が少し柔らかくなった感じがしてきました。気が付かなかったけど、毎日あれしなきゃこれしなきゃとやることに追われて、時間の感覚に縛られて、体はガチガチに固まっていたようです。右脳ばっかり使っていたのかな。女性的な左側の感覚、感情を、抑えつけていたのかもしれません。

座りっぱなしのデスクワークで1年中温度調節された部屋で過ごし、外へ出ても人工的な環境で季節感の無い生活をしている為、春が来ても体が冬眠から覚めず、土の中で丸く固まって寝ている蛇になっていたんですね。
ここ何カ月か不順でちょっと心配していた生理も次の日に来て(本当にホメオパシーってすぐ効く時はすぐ効きます!)、背中もオイルをさしたように楽になり、背が気持ち高くなったような、腕もしなやかに伸びたような、久しぶりにそんな感覚を味わいました。蛇は成長の度に脱皮しますから、自然のサイクルを忘れなかなか新しく始まれない私の体を、優しく脱皮に導いてくれたんですね。

自分でなんでも何とかしようと頑張らないで、もっと気軽にホメオパシーに頼ってみてもいいですね。レメディーはいつでも優しくサポートしてくれ、またいろいろ教えてくれます。

kids-20Lach.jpg
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 18:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/178-d4530198

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT