PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WDDTY ホメオパシーはがん患者の消耗や痛みを10倍改善する

英国発祥の WDDTY-What doctors don’t tell you- (医者があなたに話さないこと) というウェブサイトがあります。医師や医療関係者が表に出さない情報を主に取扱い、健康や医薬品に関する数多くの相対する意見や情報を公開しているサイトです。

このサイトでは今月20日月曜日、ホメオパシー療法で癌患者の消耗や痛みが改善されたという研究論文の概要を掲載しました。この研究では、補完代替医療が過去十年に渡り増えているという事をふまえて、現代医学の癌治療にホメパシーが補助的に使用された時、全体的健康状態や 主観的幸福に影響があるかどうかを評価する目的で、ウィーン医学大学、医学I学部、臨床腫瘍学専攻によって行われました。

以下、サイト内の掲載記事より:

ホメオパシーはがん患者の消耗や痛みを10倍改善する
2015年4月20日

ホメオパシーは、化学療法や放射線治療を受けているがん患者の精神的、身体的健康を劇的に改善する事を、主要な新しい研究は発見した。

個別のレメディーを処方された410名のがん患者の半分は、レメディーを与えられなかった者達と比較し、疲労や痛みのレベルについて“顕著に改 善”、そして食欲が増すと報告。ホメオパシーのレメディーを摂っている者達は、7~14倍の範囲で改善している、とウィーンの医学大学の研究員は 言う。

癌ステージ3とステージ4の治療を受けていた全患者は、レメディーを摂っている間、毎週インタビューを受け、ホメオパシーグループにおける改善 は、ホメオパシーレメディーを摂っていないグループと比較し、非常に顕著であった。

健康全体における改善は、ホメオパシーレメディーが摂られている3週間にわたり、ホメオパシーグループの方が10倍多かった。


【WDDTYリンク】
http://www.wddty.com/homeopathy-improves-fatigue-and-pain-of-cancer-patients-ten-fold.html

(情報源:医学における補完療法2015; http://dx.doi.org/10.1016/j.ctim.2015.03.004)

WDDTY4.png

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 17:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/179-df63c308

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT