PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インド情報!AYUSH(ホメオパシーを含む伝統医学)が間もなく健康システムの主流に

インドでは、ホメオパシーを含む伝統医学が、国家政府規模で、益々盛んに奨励されている様です。ホメオパシーの対費用効果に関する研究は、スイス政府によって公式に編集された 'Homeopathy in Healthcare - Effectiveness, Appropriateness, Safety, Cost(医療におけるホメオパシー - その効果、適性、安全性、費用)' by Bornhoft and Matthiessen (シュプリンガー出版)にもまとめられていますが、ホメオパシーを含む伝統医学をプライマリーヘルスケア、予防ケアとして推進するインド政府は先見の明があると思います。

英字新聞として世界最多発行数を誇るザ・タイムズ・オブ・インディアの記事をご紹介致します。

TOI1★


【情報源リンク】
http://timesofindia.indiatimes.com/life-style/health-fitness/health-news/AYUSH-may-soon-be-part-of-mainstream-health-system/articleshow/52103507.cms

【和訳】

***********************************************************************************************

HIGHLIGHTS(ハイライト)
国家の政策とすることで インド政府が計画していることは、AYUSH推奨目標を掲げるインドを全世界的に推し進め、
プライマリーヘルスケア、予防ヘルスケアを向上させるために伝統医療システムがもつ可能性を役立てていこうというものです。

************************************************************************************************

センター(当局)が AYUSHの国家政策の草案づくりをしている。鍵となる提言の1つは、普遍的な健康保険のスキームの中にアーユル ヴェーダ、ユナニ、シッダ、ホメオパシーが含まれることによって、伝統医学の体系が、統合化され、公衆健康システムへとつながっていくとするものだ。
さらに、インフラや研究機関の創設、AYUSHの効率化などのニーズにも焦点を当てる予定と公式筋はコメント。
最終草案は閣議に進む前に、6月までに各省庁、各州に回覧されると上級高官がTimes of India紙へ語った。
さらに彼は、AYUSH省は、遅くとも10月までに、政策をまとめスタートすることを目標にしていると付け加えた。

「我々は草案の政策立案をしており、他の関係者からの提案を求める文書を回覧している」とその高官は語った。
提案された政策は重要な意味を持つと考えられる。というのも、AYUSHの発展とインド国内における健康ケア普及のメカニズムを統合化する ように、リニューアルされ、焦点をあてられた政府のトップレベルからの推進であるからだと高官は語り、これは(モディ)首相によっても、何度かにわたって 強調されてきたからだと高官は語った。

国家の政策とすることで インド政府が計画していることは、AYUSH推奨目標を掲げるインドを全世界的に推し進め、プライマリーヘルスケア、予防ヘルスケアを向上させるために伝統医療システムがもつ可能性を役立てていこうというもの。
提案された政策でも、デッドラインの時期を設けて個別に達成すべき目標を定め、AYUSH医薬と治療の基準を設けるとともに、教育、研究の規則を導入することになるだろう。
この政策の目的とするところは、一次医療(かかりつけの健康管理医療)において自分が好む治療を選択できるAYUSH医療システムを確立することである。
同時に、そして医師に対する需要と供給のギャップを埋めることになろう。主に田舎の方では、訓練されたAYUSHの療法家が プライマリーヘルスケアのニーズに対処するからだ。

インドはWHOとリサーチでタイアップ
伝統医学が世界の舞台にあげていくために、インドは世界保健機構(WHO)とも、アーユルヴェーダ、ユナニ、シッダ、ホメオパシーの研究開発で協力していくことが期待される。
国連事務所は、Ayush医学に強い関心を示してきた。そして Shripad Naik AYUSH大臣は、ジュネーブで この協定書が締結予定であることをインド国会上院で伝えた。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 10:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/213-57f47c68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT