PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【再掲載】ティッシュソルト再発見!

これからの4回は、生体エネルギーの根本的な流れに関係している12種類の生命組織塩(以下ティッシュソルト)をご紹介したいと思います。

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、12種類のティッシュソルトは私たちの臓器や組織、体液、皮膚、結合組織、骨、神経組織など、体のあらゆる部分に存在し、人間の体に重要な機能を果たしている無機塩です。私達は動くにしても、考えるにしても、消化するにしても、排出するにも、ティッシュソルトを必要としているんですね。そのため私達は、毎日食物からミネラルを摂取しなければなりませんが、近代の著しい食物の劣化や食生活の変化により、毎日の食事から必要なミネラル、ティッシュソルトを摂取するのが難しくなってきています。また現代人の生活は、ストレスや環境毒などの影響によりミネラルのバランスが崩れがちです。そのことが一層のストレスを生み、余計にミネラルを浪費してしまうという悪循環に陥っています。

由井とらこ先生は、ティッシュソルトとミネラルについて解りやすく書かれたガイドブック「バイタル・エレメント」の中でこう言っています。
「これらの塩や微量元素のバランスが崩れる大きな原因として、第一に心の苦しみ、否定的な感情、怒り、妬み、緊張、不安感などがあります。今の世の中は忙しく、ゆっくりお互い話し合う暇もなく、もつれた糸を解きほぐす時間もありません。そして人間関係はさらに複雑化していき、緊張感や怒りが解決されないまま、それを持ち続けると、生体の組織塩や必須微量元素を使い果たしてしまいます。~中略~今の人は、生きるために必要なエネルギーの5倍以上も瞬時、瞬時に使い果たしています。ゆったりと穏やかに生きられるように心の修行も必要です。」

ティッシュソルトを摂ることによって身体のミネラルバランスが整い、自然自己治癒力も活性化していきます。そうすることによって症状をスムーズに押し出すことができ、ホメオパシーのレメディーとの相乗効果で治癒が促進されます。

ヨーロッパには、日本には無い独自の製法で作られたティッシュソルトがあります。

1つはどこにもない液体フォームのスパジリック。ボディの入ったよりパワフルなエッセンスです。
スパジリックと呼ばれる錬金術の原理(分離と結合)を用いた製法で出来上がったチンクチャー。
時間と手間をかけて熟成+精製する事で現物質を一旦分離させ、それを新たに結合させるので、原物質そのものが持つ3面体(体・心・魂)全てをエッセンスに閉じ込めることを可能にしました。この原理が適用されているのが、スパジリック版ティッシュソルトです。
1925年に”Phoenixフェニックス”という実験室を設立したGluckselig・グルークセリグ(1864-1934)の特別なメソッドによって製造されています。一般的なホメオパシーのティッシュソルトのレメディーと異なる点は、溶解したミネラルを成熟した後に蒸留させる点です。この蒸留は、残留物と結合され、これは”Kohobationコホべ-ション”と呼ばれます。そしてこの過程は少なくとも3回繰り返されます。 この手の込んだ製造法により、従来のティッシュソルトの働きを超えた、体・心・魂の三位一体に働きかける画期的なチンクチャーが出来上がりました。独自の液体ティッシュソルトですので、お水に混ぜて飲んだり、直接口にスプレーしたり、気軽に取ることができます。ポーテンシーは、D6(6X)と低ポーテンシー。お風呂に入れたり、スキンケアグッズに混ぜたり外用もできます。

S02.jpg


もう1つは新しい姿で復活したニューエラ。
こちらはお口の中でサラっと溶ける小さな粒です。体への吸収と効果をサポートするため、微量の必須栄養素ビオチンが含まれています。ビオチンは皮膚や髪、神経系機能、粘膜や代謝を健康に正常に維持するためにも役立ちます。(*乳糖が配合されていますので、乳糖不耐症の方はご注意ください。)

New Era-1


様々な場面に合わせて、粒で摂ったり液体で摂ったりしてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するのは以下の3つのティッシュソルトです。

NO.1 Calc-Flour カルクフロアー (フッ化カルシウム)
安定剤。組織、血管の弾力不足、皮膚の弾力不足や角質化、靱帯、筋肉、関節、腱の緊張と過伸展による疾患、臓器の下垂、ガングリオン、リンパ腺の腫れ、虫歯、静脈瘤、爪の問題、自信のなさ、たるんだところはすべて再び弾力を取り戻す。

No.2 Calc-Phos カルクフォス (リン酸カルシウム)
骨折、成長期の問題、骨形成の遅れ、歯や骨の問題、症状が治癒しにくい、頭の使い過ぎ、不安、不満、意欲不足、衰弱、アレルギー、じんましん、慢性肺炎、ポリープができやすい、骨粗鬆症予防に。

No.3 Ferrum-phos ファーランフォス (リン化鉄) 
炎症の第一段階のレメディー。免疫系の障害、抵抗力が弱い、集中力不足、けが、出血、筋肉痛、手術後の病訴、皮膚の痒み、血液の酸化、疲労困憊で顔が青白い、鉄分不足による貧血、血行障害、軽度の火傷。

こちらのサイトでは、あなたに必要なティッシュソルトの診断テストができます。
あなたは何タイプでしたか?

http://http://www.homoeopathy.ac/ts/
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 13:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/236-19996ffb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT