PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インド国立ホメオパシー中央研究所の落成祝いが開催されます!

昨年12月、CHhomインドスクーリング&CCRH・JPHMAジョイントイベントの一環として訪問させて頂きました、インド、ケララ州コッタヤムに所在する国立ホメオパシー中央研究所の落成祝いが、5月26日(金)に開催される情報を、DrマンチャンダCCRH長官より共有頂きました。

この素敵なポスター、モディ首相率いるインド政府が、ホメオパシーを全面的にサポートしている事が良く伺えますね。

IMG_2332 (1)

昨年12月、由井学長は、この国立ホメオパシー中央研究所の関係者と入院患者の皆様へ、以下、励ましの言葉を捧げました。

「現代は世界のあらゆるところで多くの人が病に苦しんでいます。その対応は急務であるといえます。ホメオパシーの祖、ハーネマンがホメオパシー医学を創始したのは、当時の非人道的・非科学的な精神病治療のあり方に彼が心を痛め、どうやったらこの患者たちを穏やかに治癒に導けるかという問いが生まれたことがきっかけでした。
ここ、ケララ州コッタヤムの一研究所の取り組みと努力の積み重ねが、インド初の国立ホメオパシー精神病院に発展したことは実に大きな一歩であり、日本でもいつの日かこのようなホメオパシー精神病院ができることが必要です。
世界の精神衛生の現場において、この病院のようにホメオパシーが導入されていったなら、心の不調で苦しむ方々にとってどれほどの恩恵となるでしょうか。」

その時の様子はこちら↓↓↓
http://www.homoeopathy.ac/india2016/2016/12/20161213-2.html

今回の国立ホメオパシー中央研究所の落成式は、AYUSH省ナイク大臣が主催されるとあります。

未だ記憶に新しい、今年2月24日、デリーで開催された「グローバルフォーラム(ホメオパシー医薬品規制 - 国家と世界の戦略)」でのナイク大臣と由井JPHMA会長の面会シーン。

ナイク大臣

このフォーラムでは、世界中のホメオパシーの現状について情報交換をすると共に、日本のホメオパシーのクオリティーの高さを世界中に知って頂く事ができた素晴らしい機会でした。

その時の様子はこちら↓↓↓
http://news.jphma.org/2017/02/--19b8.html


今後も、インドと日本のホメオパシーの関係は、益々深くなっていく事が期待されています。
ホメオパシー発展に寄与できるよう、皆で頑張りましょう!



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 18:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/241-b26aed86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT