| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

83歳で現役!Drプラサンタ・バナジー ロンドンセミナー報告

バナジー一家四代(150年)に及ぶ臨床経験に基づく知恵の結晶、バナジー・プロトコル。
今では、お孫さんにも引き継がれつつあり、一家五代に突入しました。
Dr. プラサンタ・バナジーは、83歳にして現役で活躍中です!

そのバナジー・プロトコルのロンドンセミナーに参加させて頂きました。

IMG_2382.jpg

(孫娘さん Dr.プラサンタ・バナジー 娘さん)

IMG_2374.jpg

会場は、ロンドン大学の一つ、バークベックカレッジ

IMG_2365.jpg

イギリスのみならず、フィンランドやドイツなど、世界各国から、バナジ・プロトコルを学ぶためにホメオパス達が集まりました。

この日は、冒頭部で、ライブケース(白血病)が行われ、途中で、バナジープロトコル実践中の脳腫瘍を患われる患者からの改善報告、その他の時間は、参加ホメオパス達からのケースや質問に、Dr.バナジーが回答する形が、時間の許す限り続きました。

その質問たるや、様々で、、、

蚊に刺された時、多種化学物質過敏症、胃痛、くしゃみ・風邪、皮膚の問題、不安症、口内を噛んで膿んでしまった、瘤(こぶ)、糖尿病2型、前立腺の問題、膀胱炎、ライム病(虫刺され)、多発性硬化症(M. S.)、脳腫瘍(化学療法をした、食欲はあるが体重減少)、ALS(筋委縮性側索硬化症)、自閉症、腎臓に腫瘍、湿疹、直腸がん、乳癌(腫瘍が破裂し、常に嘔吐、Ars 3Cが効かない)、化学療法後、乳癌(2×5㎝のしこり、痛みあり)、アミロイド症、扁平苔癬、扁平苔癬(爪の場合)、歯肉炎、抜歯、炎症を起こした副鼻腔、狼瘡、壊疽、夜尿症、バニオン(腱膜瘤)、包皮が引っ込まない、非ホジキンリンパ腫、膀胱がん(3回目の癌で、化学療法を何度もしている)、デュピュイトラン拘縮、皮膚がん、膣脱、直腸脱、扁桃腺炎のアンバランス、脳腫瘍、頭痛、糖尿病による喘息、火照り(更年期による)、サイキックアタック、甲状腺亢退(しかし、症状は亢進)、水虫、爪の真菌、筋委縮症、拒食症、リスクカット、性器ヘルペス、、、

IMG_2377.jpg

延々と続く質問に、一つずつ丁寧に回答されるDr.プラサンタ。

Dr.プラサンタは「患者に心から話をする事。お金の事を考えず、患者の事を考えて接する事。これは、自分の父親から言われ、自分も守っている。」と仰っていました。

拒食症やリストカットの話がでた時には「最近の若者は、飲んで踊ってという事に楽しみを見出している。自分が若い頃は、夜の時間は午前2時まで、貧しい人々への無料コンサルテーションを35年間した。楽しみは、人それぞれ異なり、自分の楽しみは、コンサルテーションをする事だった。35年間やったから、膨大なデータの基、プロトコルが出来上がったと思っている。」とも仰っていました。

8月は、マニラとアメリカに招待されているそうです。

「マニアからアメリカに移動する道中に、Dr. Torakoに会いたいから、日本に寄りたいと思っています。Dr. Torakoの御都合をお聞かせ下さい。」と連絡が入りました。

この連絡がきっかけで、8月26日(土)、カレッジ・オブ・ホリスティックホメオパシー(CHhom)でのDrプラサンタ講演会が開催される事となりました!

ロンドンでお会いしたDrプラサンタは、「Dr. Torakoに会えるのがとても楽しみ。日本の皆さんも大好きです。日本は、私達の二番目のホームと思っています。今から大変楽しみにしています。」と仰っていました。

長年に渡って培われたご自身の経験と知識を惜しみなくシェア下さる Dr.プラサンタの貴重な講演会となります。

この素晴らしい機会をお見逃しなく!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

| ホメオパシー | 13:25 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://rahuk.blog93.fc2.com/tb.php/244-faa4257b

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT